2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  

 

最近のコメント

« 秋の火災予防週間 | トップページ | 酸素カプセルキャンペーン »

2007年9月25日 (火)

高気圧酸素カプセル

Photo_0013

通常
  45分 2000円

回数券(1セット5枚つづり)
  1セット 7500円



詳しい内容やご予約については下記電話番号まで
0284-71-1318


高気圧酸素カプセルとは

究極の酸素セラピーです
現代人は大気汚染や地球環境の悪化で酸素不足になり易く、ストレスや運動不足などの要因が加わりさらに体内の酸素不足に陥る傾向にあります、酸素不足が老化を促進し、病気の原因を招くと言われています
高気圧酸素カプセルとは、約2メートル程の筒状のカプセル(米軍軍事開発企業とNASAとの技術提携により開発された特殊繊維の布状でできた物)に約1時間横たわり入って頂くだけです。
安全設計です.
高気圧カプセルは、カプセル内の気圧を除々に高めて、1、2~1、3気圧の状態に保ち通常の呼吸よりも多くの酸素を体内に供給するシステムを利用したものです。FDA(米国食品医薬品局)の厳しい品質テストにパスしています。
1、3気圧とは,水深3メートル前後の水中と同じ位です,自然環境ではイスラエルの死海や深いトンネル工事現場などに近い気圧環境なので安全です、また特別に濃い酸素等ではなく、大気中の空気を使用しているので、引火や爆発の危険性がなく安心です。
利用者自身による気圧の調節と出入りが自由に出来、停電などで万一機械が停止しても呼吸が可能な安心設計です。

■酸素の重要性
ほんの数分でも酸素を摂らないと人間は死にいたる事からもお分かりのように、生命維持に不可欠である酸素。
約百年前は24%あったものが、今では21%になっているとか、また食品からの添加物、様々な科学物質を分解する為や過度のストレスにも大量の酸素を消費します、加齢に伴う老化現象でも体内の酸素が少しずつ減少すると言われています。

■レオロジー効果
気圧がカプセル内では、100%均等にかかるため、細胞レベルから身体全体のゆがみを矯正します、これにより体液、神経、気エネルギーなどの流れが大幅に改善されます。

■高圧酸素装置の仕組み
0、01ミクロンにまで洗浄された、大気中の空気をカプセルに送り込んで加圧します、純酸素を使用すると酸素中毒や引火の恐れがありますが、通常の空気を圧縮して使用するので、心配なく安全にお使い頂けます

■効果の仕組み
[酸素の種類]
体内の酸素には2種類あり、呼吸により取り込まれた酸素は血液中の赤血球の中のヘモグロビンに結合して、抹消の組織に運ばれますが、毛細血管はヘモグロビンより細いため、一定量以上の酸素を取り込むことが出来ません、これを『結合型酸素』と言います。
一方『溶解型酸素』はわずかな量ですが、コーラのような炭酸飲料のように、液体に酸素分子が溶け込んでいるものです、酸素が血液中に溶け込め、毛細血管や通常ではなかなか入り込めない血液やリンパ液にも入り込めるものです

[ヘンリーの法則]
『液体に溶解する気体の量は、気圧の高さに比例して増える』この原理を利用して、気圧を高め溶解型酸素の量を増やして、身体じゅうの酸素不足の各組織や細胞に酸素を供給する事により、細胞を活性化させ身体機能の向上、疲労物質の除去機能回復、老化防止、若返りを促進させます。これはただ酸素を吸う、酸素吸入では不可能です、高気圧ではじめて溶解型酸素を増やす事が出来るのです。

■効果
とにかく溶解型酸素の体内量が増える事は、脳やさまざまな臓器、皮膚等の身体の隅々の細胞まで、酸素が効率良く供給され健康増進に驚く程効果を発揮します。
[今まで効果が報告されているもの]
 高血圧症 糖尿病(インシュリンを使って無い方)筋肉痛 神経痛 難聴 耳鳴り 視力回復 若返り 美肌 皮膚炎 ダイエット 眼性疲労 めまい 慢性関節リウマチ 変形性関節症 鬱病 アンチエイジング 疲労回復 二日酔い 新陳代謝の促進 体質改善 頭痛 冷え性 アトピー 自律神経失調症 むくみ 顎関節 脳梗塞後の回復

■ご注意
@ペースメーカーを使っている方
@妊娠中の方
@インシュリン投与中の糖尿病は血糖値が下がりすぎる為、使用不可能です。
カプセル内で少しずつ気圧を上げるため、耳が痛くなったり、飛行機に乗ったときや、登山した時のように耳がツーンとなったりする事があります、つばを飲み込んだり、ダイビングの時の鼻をつまんで息をはくような耳抜きをするとなおります、またはあごを左右に動かしたり、あめをなめたりすると解消します、それでもうまくいかないときは、耳栓をしたり、一度気圧を下げて再びゆっくり上げる事により解消します、これは耳に通じる鼻からの耳管という管がうまく開かない為、耳の中耳との気圧の差が解消されない為、鼓膜が内倒れしている為です、そのため耳に痛みを感じたりするものです、耳の痛みも耳栓などすると除々に気圧差が解消されます、特に初回はなかなか慣れないためおこり易い症状です、2度3度目には大分慣れてくるので、安心してお使い下さい。

« 秋の火災予防週間 | トップページ | 酸素カプセルキャンペーン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41032/8104387

この記事へのトラックバック一覧です: 高気圧酸素カプセル:

« 秋の火災予防週間 | トップページ | 酸素カプセルキャンペーン »