2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  

 

最近のコメント

« とある日曜日の日常 | トップページ | 現代のサムライ »

2010年12月 8日 (水)

複雑骨折

・定義
骨折部が体外に開放されている状態の骨折
露出することにより骨折部に細菌感染が起こる可能性がある為、治療が複雑となることから複雑骨折と呼ばれる


前日に放送されたクイズミリオネアの問題に「複雑骨折」が出たらしく数人の患者さんから質問を受けました
上記の定義のように折れた骨が皮膚を突き破って外にでることを言うのですよね
ただ、現在は複雑骨折だと「複雑に骨折している」と間違われやすいので「開放性骨折」というのが主流だと思います

このような骨折の場合は、骨が体外に飛び出てしまっているので感染症を起こしやすい状態になりますし、出血の影響のショックなのど生命の危険の可能性もありますので直ちに手術が必要となります
なのでもし自分がなってしまった、周りで誰かがなったならばすぐに救急車を呼んでください

ちなみに、粉々に折れてしまっている骨折を「粉砕骨折」、何箇所も折れている骨折を「重複骨折」と呼びます


皆さん骨折には注意しましょうね!


~~~~

当院のような整骨院は骨折・脱臼の治療はしますがこのような複雑骨折は範囲外なのでご了承ください

実は以前にこの「複雑骨折」の患者さんが来院したことがあります
僕を頼ってくれるのは大変うれしかったのですが、範囲外でもありますし緊急を要するものだったのですぐに整形外科さんにまわしました
飛び出した骨はごく少量ですし、本人は痛くないし大丈夫だよと言ってましたが感染症は命にかかわるほど恐ろしいものです
ご注意ください

~~~~

« とある日曜日の日常 | トップページ | 現代のサムライ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41032/38004278

この記事へのトラックバック一覧です: 複雑骨折:

« とある日曜日の日常 | トップページ | 現代のサムライ »